福祉避難所 調印式

11月30日(月)、八幡市と社会福祉法人朔日は、「災害時における福祉避難所の設置運営に関する協定」調印式を行いました。

この協定は、災害発生時においてあらかじめ指定した避難所にて、対応が困難な要支援者について受け入れを行う福祉避難所として、開設・協力体制を構築するために締結したものです。

先日竣工式を執り行った、『A-BOC24』内、2階の地域交流室は、災害時、八幡市の「福祉避難所」として、特別な配慮を要する方の受け入れを行います。

調印式には、市側から市長堀口文昭、理事吉川佳一、福祉部長田中孝治、福祉部福祉総務課長長尾忠行らが、社会福祉法人朔日から理事長土橋成人、事務長磯崎靖之(敬称略)が出席。出席者の紹介のあと協定書の概要が説明され、堀口市長と土橋理事長がそれぞれ協定書に署名捺印しました。

挨拶の中で、土橋理事長は、「これまで、全国で被災された方々の経験に学び、太陽光発電システムの導入と、蓄電池の設置を行い、災害時のライフラインの確保」を行っていることや、A-BOC24「内部の事業所機能を有効に活用し、災害時の不安やストレスが、少しでも軽減できる」ように対応していくことなど、「今後は地域の中核施設としてその役割を果たせるよう努めてまいりたい」と述べました。

※福祉避難所とは

災害時要支護者などが、指定避難所での避難生活を行うのが困難であり、特別な配慮が必要である場合に市が開設する避難所であり、事前に市と協定を結んだ福祉施設等に必要に応じて開設し、本人と介護者が避難生活を送る避難所のこと。


(堀口市長(右)と社会福祉法人朔日の土橋理事長)

竣工式を執り行いました

11月28日(土) 『A-BOC24児童発達支援センターマムぐりお』の竣工式が、完成したばかりの施設にて執り行われました。

当日は、新型コロナウィルス感染対策といたしまして、3密を避けるため、式典は2会場に分け、席の間隔をあけて実施。受付にて消毒・検温の実施、マスク着用の徹底などなど、ご参加いただく方々にはたくさんご協力をいただき、細心の注意を払いながらの進行となりました。

式典は、土橋理事長の挨拶から始まり、
京都府知事 西脇隆俊様 代理 京都府山城広域振興局 健康福祉部長 大熊誠太郎様、
八幡市長 堀口文昭様、
八幡市議会議長 山田芳彦様、
衆議院議員 安藤裕様、
京都府議会議員 田島祥充様より、心温まるご祝辞を賜りました。

その後、ご来賓のご紹介、社会福祉法人朔日ならびにNPO法人朔日の会の役員紹介と続き、
最後に、土橋理事長より、
株式会社豊岡建築設計工房 代表取締役 豊岡大策様、
野原・ツジモト特定建設工事共同企業体 株式会社野原工務店 代表取締役 渡邉孝一様、
株式会社ツジモト八幡支店 支店長 辻元貴博様に感謝状の贈呈を行い、竣工式は閉式となりました。
式典終了後、ご来賓の方々は施設内をご見学していただきました。

お忙しい中、式典にご参加下さいました皆様、誠にありがとうございました。

旧施設の解体工事から、コロナ禍の最中の工事となり、晴れてこの日を迎えられましたこと、感謝でいっぱいです。
しかしながら、これからが本番。
ご利用者様並びにご家族様、近隣地域の方々にご安心して利用頂ける施設を目指し、職員一同努めてまいりますので、今後ともよろしくお願いいたします。


(2F会場)


(1F会場。コロナ対策のため、会場を分散し、モニターで映像を共有させていただきました)


(検温・消毒にご協力をお願いいたします!)


(座席配置は、隣との距離1m、前後の距離50cm間隔で)


(理事長挨拶)


(大熊誠太郎様 ご祝辞)


(感謝状の贈呈)


(また、式典後は簡単にではございますが、ご希望者には施設見学をしていただきました。
各フロアに職員が立ち、ご見学の方々にご説明を行っている様子です)

開所間近!!進捗状況(第六弾)

こんにちは。

日ごとにすっかり冬めいてきましたね。
朝お布団から出るのに時間がかかる季節の到来です。
寒暖差がある時期ですので、皆さま体調には十分気をつけてくださいね。

さて、12月1日の開所に向けていよいよ大詰め。最終段階に入ってきました。
業者様、関係者の皆様のおかげで、建物は全て完成しているのですが、
建物前の駐車場、駐輪場、門周りなど、細かいことの最終調整をしていただいています。

工期中、近隣の皆様にはご迷惑をお掛けし、ご理解ならびにご協力をいただき、ここまでこれたこと、心より感謝申し上げます。

いよいよ、開所間近です。

コロナウィルスが増加の一途をたどる中、インフルエンザも猛威を奮う季節。
こまめな手洗いうがい、消毒を心がけ、栄養をしっかりとって暖かくしてお過ごしください。

私たちも開所に向け、12月1日に笑顔で利用者の皆さまをお迎えできるよう、しっかり準備をすすめていきます!


(外観写真。すっかり明日から開所できそうな雰囲気です^^)


(1F児童発達支援センターマムぐりおのお子さま(就学前の年少・年中・年長さん)用のボルダリングウォール)


(左手親御さん観察スペース。マジックミラー越しにお子さまの様子をみることができます)


(2F放課後等デイサービスぐりお。これから設えていきます)


(1Fカフェ ORASION(おらしおん))


(D―JOB厨房スペース!レストランが開けそうな厨房機器)


(2F地域交流室。このときはまだロールスクリーンがなかったので、窓枠が額縁に、外の紅葉が絵画のようでした)

進捗状況(第五弾)&名称の由来2について

こんにちは。

最近、朝夕はめっきり涼しくなり、だんだんと秋めいてきました。
つい先日まで、このままいつまでも暑いままなのではないかと心配していましたが、
変わらず季節は巡っていくものですね。

さて、今冬12月1日新規オープンのA-BOC24(エーボック24)内の、内装の進捗状況と合わせて、
今回は、生活介護事業所「D-JOB(でぃーじょぶ)」の名称に込められた意味をご紹介していきたいと思います。

◇生活介護事業所 D-JOB(でぃーじょぶ)

語源は、「だいじょうぶ」

「大丈夫」とは、「中国から伝わり日本で意味が変化した言葉」と言われています。
中国から日本に伝わったときには、「立派な男性」という意味でしたが、そこから、「非常に強い」「間違いなく・確かな」「困難をモノともせずに立ち向かっていける」というような意味でも使われるようになったようです。

そんな意味合いを込めて、“働く”ことを通して、社会参加し、人格を磨き、ステップアップする場所として、
法人内の利用者さんが希望を持てる選択肢になるようにとの思いが詰まった事業所名です。

日々の仕事を通して、それぞれの利用者さんが個々に抱えている課題に対してアプローチし、
利用者さんが希望を持って生き生きと働ける事業所を目指してまいりますので、よろしくお願いいたします。

秋から冬へ、今まで以上にコロナウィルスの脅威が高まっていく季節ですが、皆さまも引き続き、毎日の体温計測と、こまめな手洗い・消毒など十分注意してお過ごしくださいませ。
そして、睡眠と食事を大事にして免疫を高めていきましょう!

わたしたちも、withコロナで細心の注意をはらいながら、既存事業所の運営とともに、12月1日の開所に向け、
新規オープンの準備を進めてまいります。


(厨房スペース!!D-JOBの利用者さんとともに、食材の加工や計量、盛り付け、袋詰めなど、さまざまな作業を行う予定です)


(1Fカフェ「ORASION(おらしおん)」)

オープニングスタッフとして一緒に働きませんか?

こんにちは。

着々と内装工事が進んで、各スペースが部屋らしくなってきました!
そんなピカピカの施設で一緒に働いてくれるスタッフを募集しております。

前回、名称の由来をご紹介させていただいた、
児童発達支援センター「マムぐりお」の新規オープンスタッフ♪として一緒に働きませんか?

≪通所支援≫
児童発達支援センター「マムぐりお」

対 象:就学前の児童
定 員:20名/日(午前の部(10名)、午後の部(10名)の2部制)
営業日:火曜日~土曜日

子どもと一緒にたのしみながら、「成長」と「学び」をサポートするお仕事です。

【 オープニングスタッフ募集 】
※パートさん、正規職員さん、ともに募集中です!!

◇言語聴覚士
詳しくはこちら⇒正職員・募集要項(マムぐりお・言語聴覚士)

◇児童指導員
詳しくはこちら⇒正職員・募集要項(マムぐりお・児童指導員)

◇指導員(パート職のみ)
詳しくはこちら⇒パート・募集要項(マムぐりお・指導員)

木のぬくもりに囲まれて、アットホームな雰囲気の施設になる予定です。お子さんやご家族の皆さまにあたたかな場所だと思っていただけるよう、職員一人一人の人間力(笑顔・挨拶・思いやりなど)を大切にしていきます。

福祉のお仕事未経験の方も、ともに「成長」していきましょう★☆
私たちと一緒に働きましょう★☆

お気軽にお問合せください。


(児童発達支援センター、プレイルーム。奥の窓外は園庭ができる予定です)

*勤務地* ※只今建設中!!
八幡市男山笹谷2番地 A-BOC24(エーボック24)建物内
児童発達支援センター「マムぐりお」

*お問合せ*
0774-57-3711(法人事務所)
080-8316-4565(担当:熊田)
office-04@tsuitachi.or.jp

進捗状況(第四弾)&名称の由来について

こんにちは。

もうそろそろ9月になるというのに、毎日暑さが猛威を奮っていますね。
一方夜は、まだまだ寝苦しさも続いていますが、鈴虫の鳴いている声が聞こえてきます。
暑い暑い夏ですが、少しずつすこーしずつ、こうして秋になっていくのですね。

さて先日ご紹介した、今冬12月1日新規オープンのA-BOC24(エーボック24)内の、内装が着々と進んでまいりました。

合わせて、今回は、通所支援の児童発達支援センター「マムぐりお」の名称に込められた意味をご紹介していきたいと思います。

◇児童発達支援センター マムぐりお 

「ぐりお」とは、童話「ピノキオ」に登場するコオロギの名前GRILLO SAGGIO(イタリア語)のスペルを略して造った言葉。ピノキオの「良心」を任され、人として正しく生きるための善悪の判断を教える役割との意味を込めています。

また、幼児期の子どもの発達は、同時に親(又は親に代わる人)自身の成長も欠かせないことから、
「マム」という言葉を添えました。

思いを込めた造語なので、最初は聞き慣れないかとは思いますが、皆さまに親しんで呼んでいただけたらうれしいです!

オープンまで残り3か月。行政や地域と連携しながら、利用者さん並びにご家族の皆さまに安心して利用いただける施設を目指し、職員一同努めてまいりますので、よろしくお願いいたします。

まだまだ暑い日が続くようですが、皆さまも熱中症には十分注意してお過ごしくださいませ。

(児童発達支援センター、右手、木部分にボルダリングウォールができる予定です)

(児童発達支援センター、右奥は親御さん観察スペース。
マジックミラー越しにお子さまの様子をみることができます。)

センターの名称が決まりました!!

こんにちは。

世間はお盆休み。
今年はWithコロナの年とあって、例年通りとはいかず、歯がゆい思いをされている方も多いかと思います。
けれど先日朝のニュースで、夏祭りを自宅で開催している様子が取材されていて、各家庭のお子さんの笑顔が印象的でした。外出を控えなければならない状況下にあっても、いかにたのしく過ごすかといった前向きな発想って素敵だなあと感じました。

さてそんな中、今冬12月1日新規オープンの「(仮称)男山笹谷児童発達支援センター」の名称が、この度決定致しました。

その名も・・・

A-BOC24(エーボック24)

どんな意味が込められているのかと言いますと・・・

A→「ALL」 就学前のお子さまから成人まで全てのステージを支えるという意味

BOC→「base of cordineta/create」ひとりひとりが望む生活のために支援をcordinate(調整)し、ないものはcreate(創造)する拠点という意味

24→利用者さん本人の24時間を考えるという意味

です。

また、A-BOC24(エーボック24)の建物内には、いくつかの事業所とカフェが併設されているのですが、そちらの名称も決まりました!

≪通所支援≫
◇児童発達支援センター マムぐりお 
◇放課後等デイサービス ぐりお  
◇生活介護事業所   D-JOB(でぃーじょぶ) 

≪カフェ≫
◇ORASION(おらしおん)

ちょっと難しいですが、
たくさんの思いを込めて、でも、皆さまに親しんで呼んでいただけるように、願って名づけられた名称です!
こちらの名称にこめられた意味は次回ブログにて追ってご紹介させていただければと思います。

名称の意味に負けず、皆さまに愛され、頼られるセンターを目指して運営をしていく所存ですので、
末永いお付き合いをいただければ幸いです。


(写真:A-BOC24の外観写真です。先日足場が外され、全体像がみえるようになりました!)

進捗状況(第三弾)そして、センター開所日が決まりました!!

こんにちは。
長雨が続いていましたが、やっと梅雨明け!
喜びもつかの間、猛烈な暑さ到来ですね。

皆さま、体調を崩されたりしていませんでしょうか?

わたしたち職員もこの暑さにまいっていますが、
相変わらず子どもたちは元気いっぱいです^^

そんな中、絶賛工事中、今冬新規オープンの児童発達支援センターの開所日が、この度決定致しました。

開設日は「2020年12月1日」です。

児童発達支援センターに「児童発達支援」と「放課後等デイサービス」を併設することで、
就学前から就学後へのスムーズな移行と、移行後の連携を図り、切れ目のない療育、子育て支援を目指します。

誰もが利用しやすい児童発達支援センターへ。

準備期間は残り約4か月。
各関係機関の方々と連携しながら、12月1日無事故でのオープンを目指し、精一杯尽力してまいりますので、
今後とも皆さまのお力添えをどうぞよろしくお願いいたします。


(写真は、2F放課後等デイサービスの活動室にあたる場所です!)


(地域交流室、会議・研修室。地域への交流室の開放や、地域活性化にもつながる
 身近な支援施設として機能していきたいと考えています。)


(まだまだ工事途中ではありますが、1F児童発達支援センターのお部屋で、画像右手の場所に
 お子さま(就学前の年少・年中・年長さん)用のボルダリングウォールができる予定です。)

進捗状況(第二弾)

緊急事態宣言が解除され、3週間が経とうとしています。
暦は6月。ここのところ気温は30度近くまで上昇し、10日から関西地方は梅雨入りとなりました。今日は湿度も高く蒸し暑い天候。
新しい生活様式での毎日、皆さまいかがお過ごしでしょうか。

さて、「(仮称)男山笹谷児童発達支援センター」新築工事も着々と進んでおり、中に入るとどこがどのお部屋なのかがなんとなくですが、わかるようになってきました!!

1階 児童発達支援センター、生活介護事業所、相談室、カフェ(子ども食堂)、厨房、福祉対応浴室、中庭、園庭

2階 生活介護事業所(作業・訓練室)、放課後等デイサービス、会議・研修室、多目的ホール(地域交流室)、テラス


(写真は、1階の児童発達センターのプレイルームのお部屋です。)
今年は特にWithコロナの年となりますので、新しい日常に向けて試行錯誤と相違工夫を行いながら、センター開所をたのしみに日々精進していきます。

今後も自己管理を徹底し、コロナ対策に万全の体制をとりながら、施設の運営を行ってまいりますので、何卒よろしくお願いいたします。

pagetop